水道の水漏れを自分で修理するポイント

水道の水漏れを自分で修理するポイント 水道の排水管の水漏れを修理する場合、水が漏れている場所を突き止め、自分で直すか水道業者に依頼することになります。簡単にできそうな場合は、自分で直せば費用が安くすみます。水道業者に依頼する場合というのは、水漏れの原因がわからなかったり、時間がかかる場合などです。放置しておけば水道代が大きくなるおそれがあるため、短時間で直す必要があります。自分で直せそうな場合でも、業者に依頼したほうがスピードが速く、仕上がりが良い場合があるでしょう。


■水漏れの原因

水漏れの原因の多くは、バルブがゆるんでいたり、接続している部品の劣化が進んでいる場合です。目に見えるところの蛇口や排水管が劣化している場合は、そこだけ直せばいいので自分でもできるでしょう。
排水管の劣化は目に見えるところだけとは限らず、壁の中や床下の隠れているところが劣化している場合があります。その場合は、大きなリフォーム工事が必要になり、水道業者に依頼する必要が出てきます。水漏れの原因がわかったときは、自分で直すことも可能ですが、業者に点検だけ依頼して自分で直す方法もあります。
どこから水が漏れているのか、素人には想像がつかないものですが、業者は専門の装置を持っていて、人間の耳では聞き取れない振動などで水の漏れている場所をチェックすることもできます。簡単な水漏れといっても漏れているところがたくさんあれば、特定に時間がかかりますから、自分で直すより業者に頼む方が一般的です。

■自分で修理
自分で修理する場合は、交換する部品や道具が必要になります。道具をそろえるにもかなりのお金がかかりますから、業者に依頼したほうが安上がりなことがあります。ホームセンターには、あらゆる道具がそろっていますし、交換する部品も手軽に購入できます。ネット通販で、部品や道具を探すのもいいでしょう。
自分で直せる目安ですが、それほど年数が経っていない場合の簡単な修理や交換の場合です。年数が経った排水管などは、内部にそうとうな汚れがこびりついていたり、劣化がひどい場合がほとんどです。高圧洗浄などの専門的な道具が必要になったり、ヒビ割れを防ぐパテなどが必要になります。穴のあいたところにビニールテープを巻くなどの方法は、一時的な応急処置となります。素人ができる範囲には、限界があります。

■水道業者に依頼

どんなに器用な人で修理するのが得意だったとしても、時間に余裕がなければ難しいでしょう。水道業者であれば、トイレが水漏れしたときなどに、修理する道具やトイレの交換をする部品がすべてそろっています。コールセンターに連絡後、2、3時間あれば修理が終わっていることもあります。
見積もりを取るだけであれば無料ですから、多少費用が高くても支払える範囲なら、水道業者に依頼してしまったほうが早い場合があります。業者から見積もりを取り寄せてみて、あまりに金額が高すぎたり、詳細がわからない場合は、複数の業者に依頼してください。多くの業者が同じような意見の場合は、それぐらいの金額がかかるということなので、どこに頼んでも結果はあまりかわらないということになります。費用をできるだけ安く、きちんと対応してくれる良心的な業者に依頼しましょう。

■まとめ
自分で直すか業者に依頼するかは、修理に取れる時間や水漏れの度合いによります。自分で直す時間がなくて水漏れがひどい場合は、水道業者に依頼するしかないでしょう。時間がある人や修理が得意な人は、家中の水を止めてからチャレンジしてみてください。家の中にトイレが複数ある場合は、片方で用を足すこともできるでしょう。キッチンやお風呂場は一時的に使用をやめれば、その間に直すことも可能です。自分で直す場合はどれぐらいの時間があれば直せるのか、計画的にスケジュールを立ててから修理しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース