ヘンな音やイヤなニオイがしたら水道修理

水道の蛇口から水を出すときに通常とは違う音がしたり、排水管からイヤなニオイがする場合、水道 修理する良いタイミングです。音とニオイだけでも、水漏れの原因を探すことができます。水の漏れているところを早期に発見できれば、自分で修理することも、対策を考えることもできるでしょう。

■ヘンな音がする

水道の蛇口をひねった後で、キーンという金属音や、ブーンとしたニブイ音を聞いたことはないでしょうか。このような音がする場合、蛇口の中に入っているパッキンの不具合が原因となります。パッキンはホームセンターなどで販売されていますから、自分で取り替えられます。水道の蛇口を止めたとき、コンコンと何かを叩くような音が聞こえる現象を、ウォーターハンマーと言います。排水管内の圧力が関係していますから、水道をゆっくり閉めると音を止められます。

■イヤなニオイがする

排水管からイヤなニオイがしたら、中が汚れているということです。特にキッチンの排水管などは、油汚れの多いところです。定期的にお掃除しましょう。ニオイをそのままにしておくと、しだいに排水管が細くなって水の通りが悪くなります。水漏れにつながりますから、キッチンに食べ物のクズなどは流さないようにして、時々洗浄剤を使うようにしましょう。


■まとめ
音とニオイだけでも、水道を修理するタイミングがわかる場合がありますから、見逃さないようにしてください。音がやんだから、ニオイが消えたからといって原因がなくなったということではありません。インターネットなどで原因を調べて、音やニオイの解消方法を考えてみてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ