水道修理で一番最初にすべきこと

修理を行う際に、一番最初にしなければならないことは、止水栓または水道栓を閉めることです。止水栓は水道栓とは別で修理やメンテナンスを行う際に、一時的に水を止めるためのものです。止水栓が見つからない場合や家全体の水を止めたい場合は、水道栓を閉めると良いでしょう。

■止水栓を閉める

止水栓は、トイレタンクのそばや洗面台の下などに付いています。わかりにくいところに付いている場合があるため、水漏れにあったときに困らないように、前もって探しておきましょう。トイレ 水漏れなどは緊急性が高いため、水漏れしたときに家の外に出て水道栓を閉めるのでは、修理が遅れてしまいます。その間にどんどん水はあふれるでしょう。水漏れしたらすぐに、手元の止水栓を閉めることをおすすめします。

■水道栓を閉める

水道栓は家の外にあり、水道メーターのそばに設置されています。水道栓を閉めると、家中の水が止まります。確実に水を止めたいときは、ここを閉めたほうが良いでしょう。水道メーターには、パイロットと呼ばれるコマのようなものが付いていて、水が流れているときはパイロットが回っています。パイロットの回転を確認すれば、水漏れしているかどうかがわかります。


■まとめ
修理をしようと思ったら作業前に水を止めてからはじめないと、水が吹き出すことがあります。大量に水が流れれば、高額な料金を請求されてしまいますから、作業は止水栓か水道栓のどちらかを閉めてから行うようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ