わかりやすい水道修理の場所

水道 修理しようと思ったときに、一目でわかる場所とわからない場所があります。水道の蛇口から水がポタポタ漏れているような場合はわかりやすく、自分で修理できるでしょう。どこから漏れているのかわからない場合は、そのままにしておくと水道代がかさみますから、水道業者を呼ぶ必要があります。

■目に見える場所

水道の蛇口から水が漏れていたり、部品が劣化しているなどの理由で、床が水びたしになったりします。この場合は原因がハッキリ目に見えますから、修理しやすい場所です。ホームセンターで修理グッズを購入して、自分で直すことも可能でしょう。修理方法としては、水が漏れているところにビニールテープを巻いたり、少し器用な人であれば、部品を手づくりして代用品とする方法などが思いつくかもしれません。

■目に見えない場所

壁の裏など目に見えない場所から水が漏れている場合は、壁を崩して修理するようなことになります。この場合は、水道業者を呼びましょう。目に見えない場所で水漏れしている場合は、気づけないこともあります。水道の請求書が、通常の月より高いなどの理由で気づくことになるでしょう。あとは、音です。家のどこかでチョロチョロと水が流れるような音が聞こえる場合なども、水が漏れている可能性があります。

■まとめ
水漏れが目に見える場合は、自分で修理できます。目に見えない場所から水漏れしている場合は気づけないこともあり、そのまま放置してしまいがちです。水道業者に点検だけしてもらえますから、原因を確認しましょう。自分で修理できないところだけ、補修を依頼してください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ